日刊中年ジャンプ!

魔法が使えない主人公の魔法学園生活!『エム×ゼロ』【ジャンプ漫画神拳!!!】

 

f:id:taka19870704:20181117140236j:plain  f:id:taka19870704:20210212222503p:plain

 

 

私立聖凪高校の入試に落ちてしまった九澄大賀。

悔しさから聖凪高校に押しかけると、生徒と間違えられ、校内に入れられてしまう。

「私立聖凪高校」は普通の高校ではなかった・・・教師も生徒も魔法を使う魔法学校だったのだ。

 

学校の秘密を知ってしまった大賀と魔法を巡る、学園ファンタジー漫画。

 

f:id:taka19870704:20181117140256j:plain

©エム×ゼロ

 

 

『エム×ゼロ』とは

 

週刊少年ジャンプ2006年23号~2008年25号まで連載していた学園ファンタジー漫画。

作者は叶恭弘、単行本は全10巻となっている。

2005年に掲載された読み切り作品「MP0」をベースに、本格連載となった。

 

『少年ジャンプBOOKストア』で読める!

 

ジャンプBOOK(マンガ)ストア!漫画全巻アプリ
ジャンプBOOK(マンガ)ストア!漫画全巻アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

「少年ジャンプBOOKストア」は、その名の通り週刊少年ジャンプの”過去の名作”から”最新の作品”までが楽しめる集英社の電子マンガアプリ。

 

【オススメポイント】
  • デジタル版限定のオールカラー版含め、合計4000冊以上を配信中
  • 紙のジャンプコミックスより、ちょっとおトクな値段!
  • 一度購入すればPC・アプリのどれでも読める!(対応端末:WindowsPC/Mac/Android/iPhone・iPad)

 

 

こんなストーリー

 

九澄 大賀

大賀は、高校受験の際に、進学校である”聖凪高校”を受験するが、面接官の「魔法が使えるとしたらどんな事をしてみたいか?」という唐突な質問に、思わず幼稚な返答をしてしまい、不合格になってしまった。

 

すべては、その場で同じ面接を受けていた”柊 愛花”に、爆笑されたことで動揺したことが原因だと思い込んでいた大賀は、文句を言いにいくといいながら、頭から離れない愛花に会うために、聖凪高校の前までわざわざやって来たのであった。

 

f:id:taka19870704:20181117143409j:plain

©エム×ゼロ


しかし、この”聖凪高校”には、外部には知られてはならない”あるヒミツ”があったのだ。

 

”聖凪高校”のヒミツ

そんな大賀であったが、その場を”聖凪高校の教師”に見つかってしまう。

そして、その教師は”1年生だと勘違い”をして、大賀を校内に入れてしまったのであった。

 

f:id:taka19870704:20181117150311j:plain

©エム×ゼロ

 

校内に入ると、目を疑うような光景に遭遇してしまう。

それは、教師や生徒たちが”不思議なプレート”を使い、”魔法”を使っていたのである。

 

f:id:taka19870704:20181117144550j:plain

©エム×ゼロ

 

そう、ここは、ただの進学校ではなく、”魔法学校”だったのだ。

 

 

魔法学校への入学

実は聖凪高校とは選ばれた者だけが入学できる魔法使い養成学校。

それは”絶対に部外者にバレてはいけないヒミツ”であった。

それを知ってしまった大賀は、規則により記憶を消されることになってしまった。

 

f:id:taka19870704:20181117150917j:plain

©エム×ゼロ

 

しかし、処罰されるのは、大賀だけではなかった。

大賀を間違えて校内に侵入させてしまった”教師”も同じ処罰を受けることとなったのだ。

 

そして、その教師は、愛花の父親であることが判明する。

このままでは、自分はおろか愛花の父親までも処分されてしまう・・・。

 

そのとき、大賀は、自分がここの生徒になればすべてが丸く収まる、というアイディアを閃き、まんまと魔法学校への入学を果たすのであった・・。

 

f:id:taka19870704:20181117150952j:plain

©エム×ゼロ

 

入学することにはなったものの、大賀は素質がないので”魔法が使えない”・・・。

果たして、生徒達に、魔法が使えないことがバレずに学園生活を送ることができるのだろうか?

 

 

最後に・・・

 

以上、『エム×ゼロ』のジャンプ漫画神拳であった。

 

魔法が一切使えない、主人公が魔法使い相手に物理攻撃を仕掛けていくのは面白い。

最後の最後まで魔法に頼らない己の道を貫く、主人公は見ていて気持ちのいいものであった。

色々とツッコミどころはあるが、そこはご愛敬だ。

 

 

私立聖凪高校に落ちた九澄大賀。入試の時に出会った女の子が忘れられず、勢いで聖凪高校に押しかけたらトラブルに遭遇! 教師も生徒も魔法を使う魔法学校に通う事になった九澄の、魔法ライフスタート!!

 クリックしてすぐにチェック!

 

 

 

 

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • ジャンプノベル
  • その他の増刊号

 最新記事