日刊中年ジャンプ!

週刊少年ジャンプのゲームを振り返る【プレイステーション編】 その④

今回は、”週刊少年ジャンプのゲームを振り返る【プレイステーション編】”の第4回目よ。

”ホイッスル!”は、人気の割にはゲームは全然でなかったね。

この後に、アドバンスのゲームが出ただけだったもんね。

女性人気はあったし、ゲームにしやすい内容なのに・・タイミングかな

ゲーム紹介は発売日ではなく、すべて”五十音順”ね!

 

 

 

 

 

 週刊少年ジャンプのゲームを振り返る【プレイステーション編】 その④

 

 

ONE PIECE とびだせ海賊団!

 

f:id:taka19870704:20201105144626p:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 2001年8月2日
価格 6,380円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

『ONE PIECE』を題材にしたRPG。

オリジナルキャラクターを主人公として、ワンピースの世界でルフィたちと一緒に冒険していくというもの。

登場キャラクターは映画版を含め68名にもおよんでいた。

オリジナルキャラクターの外見のほか、オリジナルの海賊旗を作れたり、武器に自分で名前を付けれたりと、細かいところにまでこだわって作られたゲームだった。

 

f:id:taka19870704:20201105153101p:plain

©ONE PIECE とびだせ海賊団!

 

ゲーム内容としては、評価が高いが、ルフィたちが助っ人キャラで、存在感がないことや、主人公のオリジナルキャラクターは、悪魔の実の能力者でないため、戦闘が格闘術をもちいた地味なものであったり、船を使った移動しか手段がなかったりと、ワンピース要素がせっかくの”ゲームの良さを邪魔している”という、なんとも切ないキャラゲーに仕上がっていた。

 

 

ONE PIECE グランドバトル2

 

f:id:taka19870704:20201105144652p:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 2002年3月20日
価格 6,380円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

前作『ONE PIECE グランドバトル!』の続編。

今作ではアラバスタ編終了までの24名のキャラクターが登場、ステージ数も前作の倍となる12ステージが用意された。

「ビンゴガード」システムの追加や、歩きの廃止など、前作からシステム面でのパワーアップが図られている。

 

f:id:taka19870704:20201105151359p:plain

©ONE PIECE グランドバトル2

 

やり込み要素が増え、前作の「みんなでワイワイやるゲーム」から一人でも楽しく遊べるようになったものの、一部のキャラクターが強すぎる、必殺技がスキップできずにテンポが悪い・・・などなど、賛否両論のゲームではあった。

 

 

ONE PIECE オーシャンズドリーム!

 

f:id:taka19870704:20201105144714p:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 2003年5月1日
価格 6,380円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

『ONE PIECE』を題材とした本格RPG。

ルフィたちが記憶を失くしてしまい、その記憶を蘇すべく、今までの冒険をもう一度振り返る、というストーリー。

ゲーム内に漫画のコマや効果音を使用して、アニメのように表現するという「コミックドライブ」というシステムが使われていた。

 

f:id:taka19870704:20201105151329p:plain

©ONE PIECE オーシャンズドリーム!

 

オリジナルのキャラクターは出てくるものの、基本は”今までの冒険を振り返る”というストーリーのため、内容はアニメや漫画の内容に沿ったものとなっており、ファンならば物足りないものだった。

また、戦闘はカードを使用するものとなっており、一回一回の戦闘が長丁場になりやすいのも悪かった。

 

 

ホイッスル!~吹き抜ける風~

 

f:id:taka19870704:20201105144729p:plain

 

メーカー  コナミ
発売日 2003年1月30日
価格  6,380円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

『ホイッスル!』を題材にしたシミュレーションサッカーゲーム。

風祭を主人公として、佐藤、不破、水野・・といった原作でお馴染みのキャラクターが登場し、試合前に誰と会話するかによって、各キャラクターの親密度を上げていき、試合に勝利していく・・というもの。

 

f:id:taka19870704:20201105151612p:plain

©ホイッスル!~吹き抜ける風~

 

シミュレーションゲームだけあって、試合は「パス」「ドリブル」「シュート」などのコマンド選択方式で進行していくという、いわゆる「キャプテン翼」に近いもので、サッカーのルールを知らなくても遊べるだろう。

 

主人公・風祭の声を”小向美奈子”が担当したが、本人のやる気の問題なのか、天性のものなのか、あまりにも下手な棒読みでまったくストーリーが入ってこず、話題に。

 

 

北斗の拳

 

f:id:taka19870704:20201105144747p:plain

 

メーカー  バンプレスト
発売日 1996年8月30日
価格  6,380円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

『北斗の拳』を題材にした格闘アドベンチャーゲーム。

サターン版が発売された約1年後に、このPS版が発売となった。

原作者である武論尊監修のもと、原作本編終了後の世界を舞台とした完全オリジナルストーリー。

動画枚数7000枚のオリジナルアニメをみながら、時より連打して敵を倒していく、といったゲーム内容であった。

 

f:id:taka19870704:20201105151634p:plain

©北斗の拳

 

原作本編終了後の世界であるはずなのに、死んだはずのキャラが生きていたり、本当に武論尊が監修したのか、よくわからない矛盾だらけのストーリーで展開されていく。

売りであったアニメも決して良いデキではなく、プレイヤーが操作できるのも戦闘の連打だけ、コンテニューがパスワード制・・・などなど、お粗末さ非常に目立った。

なかなか良ゲーに恵まれない「北斗の拳」の中でも、最上位クラスの酷いデキとの呼び声が高い。 

 

 

北斗の拳 世紀末救世主伝説

 

f:id:taka19870704:20201105144834p:plain
 

メーカー  バンダイ
発売日 2000年10月26日
価格 6,380円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

『北斗の拳』を題材としたアクションゲーム。

3Dポリゴンで表示されるムービーをみて、その合間に入るアクションを楽しむ、といったムービーゲームのようなものだった。

 

f:id:taka19870704:20201105151659p:plain

©北斗の拳 世紀末救世主伝説

 

肝心のムービーが1章につき、30分近くあり非常に長いのと、一度クリアしないとムービーのスキップは不可、セーブは章の最後しかできない、というなかなかの鬼仕様。

また、アクション部分の操作性も悪く、敵をロックオンなどもできないため、操作に慣れるまで、時間を要した。

原作愛は非常に強く感じられたものの、お粗末な部分が多かった今作であったが、「世紀末シアター」と呼ばれるムービーの音声を書き換えられるモードによって、動画サイトでブームを巻き起こした。

 

 

1994年に発売した「プレイステーション」のデザインをコンパクトなサイズで精密に復刻し、懐かしの「プレイステーション」ソフトウェアタイトルを20作品内蔵した「プレイステーション クラシック」

 クリックしてすぐにチェック!

 

 

 

 

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • ジャンプノベル
  • その他の増刊号

 最新記事