日刊中年ジャンプ!

新連載『クーロンズ・ボール・パレード』ってどんな漫画?あらすじを紹介!

 

 

f:id:taka19870704:20210215200331p:plain

©クーロンズ・ボール・パレード

 

 

白凰学院野球部―――。

そこは甲子園の常連で超名門校! 

 

そんな白凰学院野球部に入部することを夢見る一人の少年がいた。

彼の名前は、小豆田玉緒(あずきだ たまお)。

玉緒は、野球部に入部するための体力テストを受けるべく、日々トレーニングやライバルの研究に励んでいた。

そして、ついに待ちに待った白凰学院野球部の入部テスト!・・・と思いきや、玉緒の前に”謎の少年”が現れ・・・!?

 

果たして、玉緒は夢にまでみた白凰学院野球部に入部することができるのか?

強さに憧れる一人の少年の野球物語が始まった!

 

 

 

f:id:taka19870704:20210215205258p:plain

©クーロンズ・ボール・パレード

 

 

『クーロンズ・ボール・パレード』とは

 

週刊少年ジャンプ2021年11号から連載している高校野球漫画。

原作は鎌田幹康、作画は福井あしびが担当している。

作画担当の福井あしびは、2009年、ゲッサン創刊号「マコトの王者」にて連載デビューをしているが、週刊少年ジャンプでは、これが初の連載となった。

 

 

こんなストーリー

 

野球部入部を夢見る少年・小豆田玉緒

白凰学院野球部―――。

そこは甲子園の常連で超名門校である。

 

そんな白凰学院野球部に入部することを夢見る少年がいた。

彼の名は、小豆田玉緒(あずきだ たまお)、ポジションはキャッチャーだ。

玉緒は身長は低く、体も小さく、そして野球の才能にも決して恵まれているわけではなかった。

 

しかし、玉緒でも、白凰学院野球部に入部することができる唯一のチャンスがあった!

それは、セレクション(入部テスト)を受けて、合格すること。

玉緒は、そのセレクション合格を目指し、日々ストイックなトレーニングや、ライバルたちの研究に励んでいたのだった。

 

f:id:taka19870704:20210215210143p:plain

©クーロンズ・ボール・パレード

 

 

謎の少年・龍堂太央

やっと待ちに待ったセレクション当日・・・!

 

体調面はもちろん、トレーニング、研究・・・と、万全の準備をして当日を迎えた玉緒。

セレクション会場に着くと、そこには中学野球で名を馳せた有名選手の面々が・・・!

 

f:id:taka19870704:20210215211945p:plain

©クーロンズ・ボール・パレード

 

そんな強敵のライバルたちに囲まれながらも、いよいよ、セレクションがスタートしたのだが、玉緒の前に”謎の少年”が現れる。

彼の名前は、龍堂太央(りゅうどう たお)。

太央は終始ヘラヘラしており、あまりやる気がないようなのだが、厳しい基準の体力テストを次々とパスしていくのであった・・・・!

 

f:id:taka19870704:20210215212455p:plain

©クーロンズ・ボール・パレード

 

謎の少年の正体・・・

どうにか、基礎テストを突破することができた玉緒。

一方で、余裕で突破した太央。

 

そんな対照的な二人に用意されていた最終試験は、基礎テスト合格者を2チームに分けた試合形式での実戦テストだった。

 

f:id:taka19870704:20210215213202p:plain

©クーロンズ・ボール・パレード

 

そして、なんの因果か、同じチームとなった玉緒と太央。

 

だが、玉緒は、ここで太央の”本当の実力”を見せつけられるのだった・・・!

なんと太央が投げる直球は、驚異的なスピードとノビを見せ、相手バッターを三者三振に仕留めたのだ!

もちろん、その実力には、チームメイトや、白凰学院野球部も驚愕させる・・・。

 

f:id:taka19870704:20210215213112p:plain

©クーロンズ・ボール・パレード

 

しかし、調べてみても太央には、中学時代の実績もなければ、クラブチームへの入団記録もなし・・。

 

果たして、彼は何者なのだろうか!?

そもそも、玉緒は試合に勝ち、夢にまでみた白凰学院野球部に入部することができるのか!?

 

「強さに憧れる」一人の少年と”謎の天才少年”の野球物語がこうして始まりを告げた・・・!

 

 

 

 

最後に・・・

 

以上、『クーロンズ・ボール・パレード』のストーリー紹介であった。

 

1話目の時点では、よくある地味主人公と対照的な天才主人公が一緒にどうこう・・・といった感じで、特に目新しさはないか。

 

ただ、1話目にして、主人公の紹介からセレクション終了、結果発表までやってしまいスポーツ漫画としては、非常にハイテンポに感じた。

そんな中でも、主人公・玉緒の長所、短所が上手く描かれ、どんな性格なのかどんな人間なのかが、理解できたのが良かった。

また、2話目以降がどうなっていくのか、楽しみな終わり方だったのも自分の中では高評価。

おそらく、1話目の部分はじっくり描く必要がないという判断なのだろうが、これがどうでるか・・・。

 

このハイテンポが今後も続くようならば、1試合に何年もかける野球漫画の革命的な存在になれそうだが、果たして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • ジャンプノベル
  • その他の増刊号

 最新記事