日刊中年ジャンプ!

週刊少年ジャンプのゲームを振り返る【プレイディア編】その①【最終回】

今回から、”週刊少年ジャンプのゲームを振り返る【プレイディア編】”が始まります。

プレイディア・・・・バンダイのゲーム機だったわね。

f:id:taka19870704:20210216213758p:plain

©プレイディア

セガサターン、プレステっていう強力すぎるライバルのおかげで2年あまりで無くなってしまったね・・・。

バンダイの社史にすら乗らない悲しきゲーム機だったわね・・・。

数が少ないので、その①にして最終回です。

 

 

 

 

 

 週刊少年ジャンプのゲームを振り返る【プレイディア】 その①

 

ドラゴンボールZ  真サイヤ人僕滅計画 -地球編-

 

f:id:taka19870704:20210216204805p:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 1994年11月30日
価格 5,280円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

1993年に上・下巻で発売されたドラゴンボールZのOVA「公式ビジュアルガイド ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画」をゲーム用にしたマルチストーリービデオゲーム。

かつてサイヤ人に滅ぼされた種族であるツフル人の科学者Dr.ライチーと怨念増幅装置・ハッチヒャックを軸としたストーリーになっている。

地球編では、かつて悟空に敗れたフリーザ、クウラ、ターレスなどが蘇り登場している。

 

f:id:taka19870704:20210216204859p:plain

©真サイヤ人僕滅計画 -地球編-

 

ゲーム自体は”マルチストーリービデオゲーム”となっているように、アニメを観ながら時々出てくる選択肢を選んでいく、というもの。

選んだ選択肢によって、ストーリー展開が変わっていき、OVAとはまた違ったオリジナルの展開が用意されているのがポイント。

 

 

ドラゴンボールZ  真サイヤ人僕滅計画 -宇宙編-

 

f:id:taka19870704:20210216204832p:plain

 

メーカー バンダイ
発売日 1994年12月16日
価格 5,280円

f:id:taka19870704:20190125164603p:plain

『ドラゴンボールZ  真サイヤ人僕滅計画 -地球編-』の続編でもあり、完結編。

今作も前作同様に、アニメを観ながら選択肢を選び進めていくという、マルチストーリービデオゲームとなっている。

宇宙編では、ツフル人の科学者Dr.ライチーと怨念増幅装置・ハッチヒャックとの最終決戦を描いている。

 

f:id:taka19870704:20210216204923p:plain

©真サイヤ人僕滅計画 -宇宙編-

 

ちなみに、2010年11月発売にPS3で発売された『DRAGON BALL RAGING BLAST2』に、ゲームの元となったOVAをベースに完全新規製作した『DRAGON BALL 超サイヤ人絶滅計画』が収録されている。

また、動画配信サイトなどでも定期的に配信されているので、アニメ自体を観ることは現在でも可能である。

 

 

 

 

 

2009年に発売された『ドラゴンボール レイジングブラスト』がパワーアップして帰ってきた! 前作の73名に、劇場版のライバルなど新キャラクターを多数加えた総勢100名が、3D空間で迫力のバトルを繰り広げる。

 クリックしてすぐにチェック!

 

 

 

 

 

 

ジャンプ

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

連載作品

  • 創刊号~
  • 1970年~
  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
  • 2020年~

増刊号

  • Special
  • 赤マル
  • The Revolution
  • クロス
  • Vジャンプ
  • GO!GO!
  • GAG Special
  • GIGA
  • Next
  • ジャンプノベル
  • その他の増刊号

 最新記事